第19話「デッドランド」

ウェイステーションを出て、さらに西へ。
夜も明けてきているのに、やたら真っ黒い地帯。
地図を見ると、デッドランドというらしい。

ネーミングがストレートすぎね?

好奇心だけで崖を下りていく

暗黒の世界

降りると突然の雨。
もしかしたら、ここって一年中雨?
しかも、濃い酸性雨らしい。
やっぱこれ無理やん、と思って戻ろうとしたが、近くに遺跡が見えたので、そこまで走ることにした。

遺跡はカギがかかっていたので、ピアが開錠。
タンポポが恐る恐る中に入ろうとすると・・・

「マスターだ!!!」
「マスターがお帰りになった!!!」

えええええええ

中には、大量のスケルトン!!
事情はまったくわからないが、このスケルトンの回路が故障?していて、
いま建物に入ってきた、たんぽぽを「マスター」だと認識しているらしい。
と、とりあえず、敵対するわけじゃなくてよかった・・・
こんな数相手にしたら確実に全滅死。
にしても、数が多すぎてキモチワルイ・・・
そして、マスターマスターとうるさい。
1歩あるくだけで、ガチャガチャと全員ついてくる!!
(少し離れたところで、何体か家具とかにハマって動けなくなってる)

やかましいわアホ―!!!

置いていくこともできないようなので、建物の中で少し休んでから、酸性雨の降り注ぐ野外へ。
南側は、たぶん大きな湖になっているらしい。
(暗くてよくわからない)
湖沿いに西へ向かって歩いていると、スケルトン集団が突然「マスターを守れ!!!」
といいだして駆け出していく。
クモ型のロボットが敵対してこちらに向かってきていたらしい。
Makozをマスターと呼ぶスケルトンは、おそらく30体以上
クモ型ロボットも、本来はスゴイ強いんだよね?
Makozも混じって戦闘してみたら、2撃くらっただけで重症。
でも、スケルトンの大集団があっという間にクモ型ロボットをスクラップにしてくれました。

クモの強烈な一撃で被害を出しつつも、スケルトン集団はクモを瞬殺

にしても、酸性雨がヤベェ

ようやく遠くになにやら、光るものが見えてので
後ろで、スケルトン集団が戦っているのは無視して、そこに向かって走る。

暗黒の世界に、灯りが・・・

ここからじゃ判別つかないけど、たぶん町だろ?
いや、ちょっと人が住んでるとは思えないけど、町だよな?

うん、近づくとなんか建物見えてきたし。

つづく

tanpopo

2件のコメント

  1. マップをポイントして移動してたら酸の池泳いで仲間が数人溶けちゃったりと楽しい思い出が沢山の土地です!

  2. あの真っ黒な水に飛び込むなんてすごい!
    勇気ある!!
    って、いや、泳ぐかっ!!
    近づかないだろ普通!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

Sorry, Japanese only