プロローグ(最初から

たんぽぽさん

― 最初の文章は大事なので緊張しています。

このブログの将来がこの2行に掛かっているわけだしね。

ひさびさに、kenshiを「どん底」でスタートしたら、左腕が無いことに愕然としている。

以前はたしか、能力ゼロ、所持金ゼロ、パンツ一丁の空腹スタートだったと思うが、(マップもこれじゃなかったし!!)今回は、さらに「左腕」が無かった。

たまんねーぜ・・・最高じゃね・・・これ・・・

一応、ストーリが書いてあって、それに基づくと左腕を無くしたのはつい最近らしい。

おぅ

そうか。
あとは、適当に妄想しろってことか

まかせろ、それならあとはこうだ

これはゲームじゃない。遊びじゃない。
PCに電源を入れてsteamを起動して、kenshi のプレイボタンを押したらLink-Start!!

おれは199X年の核の炎から数百年経た未来の不毛な大地に降り立った左腕の無い男なのだ!つまりコイツは、最近流行りのっ!!!

「転生者」なのさ!!ッハハァ!!?

能力は、なんのとりえもない、ALL – 1 –
取り柄が無いという、無限の可能性に満ち溢れた取り柄を持つALL – 1 –
唯一のビハインドは「左腕」が無いこと。
左腕に宿っていたミギーじゃなくてヒダリ―という寄生生物が、
すべてを成し遂げたと勘違いして、宿主から離れて、1人でぴょこぴょことどこか行ってしまったんだと思うことにしよう。

持ち物を確認。
見事になにももってない。服すらも無い。
だが、全裸はダメだ。
洋ゲーとはいえ、子供も遊ぶかもしれないゲームなので全裸はダメなんだ。
なので、持ち物として存在してはいないが、パンツは履いている。
いや、履いているというのは間違いかもしれない。
そして、このパンツは、絶対に脱ぐことができない。つまり体の一部と考えて良い。
ということは、このパンツは皮膚や体毛と同じ・・・!?なのだ。
なので、パンツを履いているようにも見えるが、彼らの世界では「全裸」と同じだよこれは!!!

というところで、とりあえず、自分自身の今は理解できたが。これ以前の事情はまったくわからない。
何も持たない左腕の無い全裸の男が、砂漠で目を覚ました。
しかし男は、つい数十分前までの日本社会での出来事はよく覚えているし、明日も朝起きて会社へいくつもりだ。
ということは、これは、短期的な「転生現象」と考えても問題ないのだよそうなのだよ、 ああそうだ。 そういうことにしよう
おれは、この、左腕の無い男の体に宿った「転生者」なのだよ!
(いやゲームやってるだけだろ)

大丈夫だ!問題ない!!!
タイトル決まったな!!!丁度後ろで家族がなんかそんなアニメ見てるし(おれもあとで見るし)、もうこれでいいだろ!

「転生したら左腕が無かった件」

オレは悪い放浪者じゃないよぉぁあッヒャッハーッっ!!

目に付くものは消毒だぁぁコラァぁァぁァ!!!

tanpopo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

Sorry, Japanese only