このページは、筆者のFM2009プレイ日記なので、 実際の個人・団体及び 世界のサッカーシーンとはなんの関係もありません

FootBallManager 2009

    〜 I am 日本人 〜 欧州風雲児 09仮想世界編
    ■ 選択国およびリーグ
    全20カ国25リーグ

    - 1部+2部(5カ国10リーグ)

    イングランド/ フランス/ ドイツ/ イタリア/ スペイン

    - 1部リーグのみ(15カ国15リーグ)

    ベルギー/ チェコ/ デンマーク/ ギリシャ/ オランダ/ ノルウェイ/ ポーランド/
    ポルトガル/ ルーマニア/ スコットランド/ スウェーデン/ スイス/
    トルコ/ ウクライナ/ ロシア


    ■ その他ルール
     架空の選手を使う  選手の能力隠す、DBデータ量 普通、DDT読み込み→日本
    ■環境
     FM2009UK Ver9.03
    ■マシンスペック
     CPU:Core2 Duo 3G メモリ:PC2-4200 2Gbyte HDD:ATA/300 7200rpm
     GP:Radeon 2600XT
     OS:WindousXP 2002 SP3

    言語ファイルは、 Football Manager 2009 日本語 翻訳wikiのものを利用させていただいてます。


6/1 いなくなりそうな選手一覧
・ギャレアオ(MF) - 昨シーズンの外国人MVP選手
・ユアレス(MF) - 5得点8アシストの中盤
・ディック(MF) - 昨シーズンはパッとしなかったが今シーズン期待大のフォワード
・スクレカス(MF) - ギリシャ人の中盤です。興味を示すクラブは無いが、本人がステップアップを希望中

どれも切りがたい選手だ。
でも、どれも10億越え確実の選手だ。
うまく立ち回りたい。

6/6 チェコ代表 〜EURO予選
つまらん・・・。
決定力が運頼みだ。
辞任しようかなぁ。

実力差のあるキプロスや、リヒテシュタインにはどうにか勝てるが、
実力の似通ったチームだと、点がはいらにゃ勝てん。
堅守は堅守だが、とられても取り返せるチームの方が好きなんだが・・・

で、アイルランドに、ホームで0−0のドロー。
予選、突破できるのだろうか・・・

次のブルガリア戦で進退を決めるか・・・

で、
アシマネに任せたところ、なんと、3−2でブルガリア代表に勝利。
うむ〜〜。
人選だけやって、試合はアシマネに任せたほうが良いのか・・・・

ってゆーか、得点したのが、みんな30代の選手でした。
あかなな監督が、敬遠しがちなベテラン選手たちが、揃って先発。
うむ〜〜。それでいいのか!?チェコ代表?!
6/14 財務表が新シーズンになりました。
昨シーズンは売り上げが20億ダウンし、そのまま2年前よりも20億多い26億の赤字になったらしい。
まだ貯金は30億あるが、昨シーズンと同じ予算が組まれない可能性が・・・

ダウンした20億は、ひょっとしてCLに出場できなかったからか?

それにしても、移籍で17億も儲けたにもかかわらず、26億の赤字。
移籍金は、17億の黒字で、賃金予算も15億も余裕あるのに、なんで26億も・・・
どんな経営しとるんじゃ。

7/1 新シーズン
ボスで2名合流。
戦力アップではなく、中盤引き抜かれても大丈夫なようにしとくための、人数の補填です。
でも、1人は、昨シーズン、おしくもMVPを逃したパナシナイコスの選手だ。

中心選手を引き抜かれない限り、とくに補強の必要も無いが、
UEFA CLで少しでも上位へいくための補強ができるようならやっておいきたい夏だ。

7/18 とりあえずスクレカス
不満をこぼし始めたので、額面通りの5億でロシアに売却。
MVPのジュニサリディスが反対意見をコメントしていたが、
不満な選手は不要な選手といような回答コメントで、納得してくれた。

8/27 大物フォワード獲得
もう、十分な人数がいるのだが、ディックというフォワード兼AMがインテルに引き抜かれてしまったため、
あらたにブラジルからフェルナンドという25歳のブラジル人ストライカーを輸入した。

そしたらこの獲得によって、3番手(ロース)、4番手(スカネク)フォワードが抗議。
2人に、「じゃー失せろ」と発言したところ、
あかなな政権でチェコ代表に選抜されている、スカネクは謝罪。
スェーデン人のロースは、当惑とコメントし、
あまつさえクラブの経営に支障を来たすとか抜かしやがったので、
打ち切りクロスカウンターを食らわしたところ、保証金無しで出て行きますとのこと。

不満持ちの選手はAEKには、不要なのじゃ!

8/28 CLグループ予選抽選会
AEKは、グループ予選から参加だそうです。

バイエルン、セビージャ。
AEKには、立派過ぎる相手だ。

9/6 チェコ代表 2試合 〜EURO予選
リヒテシュタイン、ラトビアと対戦。
リヒテシュタインには、3−0で大勝し、ラトビアのは1−1のドロー。

試合は、もちろんアシマネにやってもらいました。
突破すれば儲けもの・・・ってことで。

でも、10戦終わって、6勝2分け2敗。
なかなか良い。
このEURO大会。32歳のフォワードに頼らなければならないのだ・・・

あと2試合を残して、現在グループ3位。
首位がスペイン、2位がアイルランド。

残るチェコの相手は、キプロスとスペインです。
望みはまだあるが・・・
2位のアイルランドの相手が、リヒテシュタインと、ラトビア。
スペインとは、引き分けなければならないかもしれん。
でも、アウェイだし・・・

9/1 今シーズンの選手表

27人います。多い。

■ 新加入の選手

    Ben Awudu
    フリー獲得(←Romaのリザーブ)

    おそらく今シーズン限りであろう、ゴールキーパーの控えです。
    フリー獲得なので、来シーズン不満持ちになったら、年棒と同額くらいで放出される選手。
    年棒は6500万と、AEKの平均にしたら安い選手です。


    ノウシャス
    ボス契約で獲得(←オリンピナコス)

    オリンピナコスで、契約更改を拒否ってたので獲得。
    主に右サイドバックでの控え要員です。
    ちょっと、家賃が高い。


    ホアキン・ダービッツ
    12億5000万で獲得(←CSKA Moscow)

    モスクワでプレイしていたポルトガル人を獲得した。
    AEKはボランチ多いが頼れるボランチがいなかった。
    なので、頭脳明晰で運動量もある彼みたいな選手ほしかったのです。


    パナジオトポウロス
    ボス契約で獲得(←パナシナイコス)

    パナシナイコスで中心的役割だった選手です。
    ボス契約なのでタダで獲得。昨シーズンは、MVPまで後一歩とどかなかった。
    ということで、かなりお得なギリシャ人選手。
    ま、このチームでは見た目は平均的な能力だが。


    Fernando
    11億5000万で獲得(←Palmeiras/ブラジル)

    今シーズンの補強で唯一、チーム力アップと考えられる選手。
    彼の加入で、約1名の既存のフォワードがクビにされました。
    相応の活躍を祈りたい。

■ 主な放出(能力値は昨シーズンのデータです)

普通は、この手のリーグでは優勝すると、中心選手は引き抜かれまくるのだが、
AEKでは、以下の程度の放出で済んでます。

    ディック
    10億で売却(→インテル)

    インテルに10億で買われちゃいました。
    スキル面は、すべてに+2くらいの大きな成長をしました。
    まぁ、なにしろインテルに買われるくらいの選手です。しかたない。あきらめよう
    10億は、ちょっと安かったかも。


    スクレカス
    5億で売却(→フィオレンティーナ)

    こちらは、「ステップアップしたい」で、不満をもっていたので、5億の値札つけてFAXしたところ、
    複数のクラブの中からフィオレンティーナをチョイスして、移籍した。
    欠点の無い頼れるギリシャ人プレイヤーだったので残念だ。


    ロース
    フェルナンドの加入で文句たれてきたので、相互契約打ち切りで放出。
    評価額5000万くらいだったので、面倒なので相互契約打ち切りで放出した。
    昨シーズン、6得点くらいしているので、今シーズンも可能性のあったフォワードだったが、
    まぁ良い。
    実際、出番は減るだろう
    人件費削減ってことで。


9/2 まもなく開幕
オッズは、やはり、圧倒的にAEKです。

目指すは。全勝優勝で。


つづく



- By FMnote -