このページは、筆者のFM2009プレイ日記なので、 実際の個人・団体及び 世界のサッカーシーンとはなんの関係もありません

FootBallManager 2009

    〜 I am 日本人 〜 欧州風雲児 09仮想世界編
    ■ 選択国およびリーグ
    全20カ国25リーグ

    - 1部+2部(5カ国10リーグ)

    イングランド/ フランス/ ドイツ/ イタリア/ スペイン

    - 1部リーグのみ(15カ国15リーグ)

    ベルギー/ チェコ/ デンマーク/ ギリシャ/ オランダ/ ノルウェイ/ ポーランド/
    ポルトガル/ ルーマニア/ スコットランド/ スウェーデン/ スイス/
    トルコ/ ウクライナ/ ロシア


    ■ その他ルール
     架空の選手を使う  選手の能力隠す、DBデータ量 普通、DDT読み込み→日本
    ■環境
     FM2009UK Ver9.03
    ■マシンスペック
     CPU:Core2 Duo 3G メモリ:PC2-4200 2Gbyte HDD:ATA/300 7200rpm
     GP:Radeon 2600XT
     OS:WindousXP 2002 SP3

    言語ファイルは、 Football Manager 2009 日本語 翻訳wikiのものを利用させていただいてます。


6/20 ギリシャ物語スタート
今度こそ、長くがんばるぞぉ〜〜〜・・・
と、いまいち自分でも信用できない目標をたてつつ、まず最初の仕事。
つかえねースタッフの解雇。
アシマネと、フィットネスコーチ2名、ギリシャ人スカウト3名を解雇した。

AEK・アテネのコーチ枠、なんと11人!
すげー〜〜!、過去最高〜!

人数の枠ケチって、アシマネの獲得を最後にするとかいう面倒なことしなくてもいいかも。

カネもずいぶん溜め込んでいて、
移籍予算、賃金予算、ともに10億以上の余裕がある。
いい補強できそうだぞ。
6/21 ギリシャは。
リザーブがなくて、トップチームとU21の2チームしかもってない。
やりずれぇ。

6/22 AEKの選手の現状
外国人枠は5席。
いまいち、ブラジル系の選手がギリシャ人から嫌われている傾向がある。
昨シーズンのエースもブラジル人なのだが、彼と、彼の相棒の中盤選手を中心に、
チーム内の不協和音の円が形成されているような気がする。
ブラジル人エースは、移籍志願をしているので、思い切って、この夏に放出してしまおうか・・・

それにしても、つえぇ〜〜な〜〜、AEK。
カイザースラウテルンよりも、ハーツよりも、ぜんぜんつえぇ。
選手の賃金は、カイザースラウテルンよりやや安い感じするが、選手の質感は、カイザースラウテルンより遥かに上です。
まー、あそこは、ドイツ2部だし・・・
6/23 目標
選択の余地なく、「優勝しろ」と言われました。
それ以下でも、それ以上でもないみたいです。

ブラジル人ストライカー。移籍にゴーサインだしたら、
ユベントスや、バイエルンなど、カネもってそうなクラブがズラリと名前そろえました。
うんじゅう億円の移籍になりそうだ。

べつにいい。またブラジルから探してくるから。
彼が在籍しているうちに、ブラジルのストライカーにばんばんスカウト送って、
「段違い」のストライカーをさがすべ。
6/25 さらにAEK
在籍年数の長い選手の多いクラブだ。
それでいて、かなり多国籍なチームなのだ。
ヨーロッパの各地から将来性のある若者を引っ張ってきて育てて、チームの柱として活躍させている。
いいね。いいチームだね。
日本と似ているよね。
若手を育てて、末永く使いたい人向けのチームですな。AEKって。
若手から育てて、長くチームに留まらせておくには、チームの強さと、名声のほかに、
そのチームの住み心地の良さってのも大きくかかわってくると思うのだな。
ギリシャのリーグで頻繁に優勝するくらいのチームで、優秀な若手がベテランになるまで留まるというのは、
単に、強くて、名声があるだけじゃダメだと思うのだ。
育った若手が、留まる理由が何かあるんだろうな、このチームには。

ちなみに、ギリシャ語が使える選手で、検索して出てくる南米の選手で、元AEKとか、
それ以外のギリシャのクラブにユースで在籍していた経験を持つ、南米のプレイヤーが沢山いる。
しかも、ヨーロッパじゃなくて、南米のトップリーグでも活躍してんの。
結構、ギリシャ語って、
サッカーの世界ではスペイン語やポルトガル語に次いで、スタンダードな言葉なんじゃ・・・

ちなみに、ここ数年のAEKの成績は、

すごいわ。
名門中の名門。
優勝逃すどころか、シーズン中に3連敗もしようものなら、即クビかもしれん。
1試合1試合気合入れてやっていかないとヤバイぞ。

目指すは優勝確実と思われる、65得点、20失点。
7/1 移籍期間はじまる
さぁ、ヘタな補強はできないぞ。
移籍予算は、結局20億。
ブラジル人エースは、15億〜20億程度で売却できそうなので、最大で40億。
このカネで、新たなエースと、ゴールキーパーをまず獲得。
次に、移籍リストか、自由契約で中盤と、左サイドバックを入れたい。

大金つぎ込むポジション(GK、FW)の選手は、四つ星必須、願わくば星五つ。

7/5 ゴールキーパーの補強
昨シーズン、このリーグで3位だった、Arisの守護神を、8億5000万で獲得した。
カネだせばもっとよさそうなGKを獲得できたのだが、
このリーグのフィット感でいくと、パトロニスというこのギリシャ人ゴールキーパーが、もっとも優秀。
昨シーズンでも、最も良い成績だったゴールキーパなので、8億5000万は激安。
こいつを手放したArisは、今シーズンの衰退確定。

あとは、オリンピナコスとパナシナイコスの戦力をそぎ落としたいわけだが、
昨シーズン優勝したパナシナイコスは、ステップアップ移籍したい病の蔓延が最高潮。
残るオリンピナコスは、昨シーズン6位というヒドイ成績をたたき、
(あかなな監督も、就任の候補にしてたのですが)
成績不満病が大流行している。
パナシナイコスと、オリンピナコスは、契約拒否してNAで残留している中心選手もいるみたいなので、
この2チームから、中心選手を1人ずつくらい引っこ抜きたいところだ。
→とりあえず、パナシナイコスの中盤にオファーした。

7/6 ピッチサイズ標準に変更
結構、大きめだったので、標準的なサイズに変更した。
いや、なんとなくね。

親善試合。アウェイですでに2試合やっているが、AEKアテネすげぇつえぇ。
ひさびさに、安心して試合をみてられるチームに就任できた。
ひさびさっつーか、FM2009では、初だな。(ネット対戦のぞいて)

ネット対戦のレアルマドリード用に作った戦術が、このチームでも良くフィットしている。
レアルマドリード用なので、選手に求める難易度、頭脳レベルはそれなりに高いと思うのだが、
どのポジションも、よく動き、無駄も少なく、効率よく機能してました。

やっと強いチームに就任したんだ〜〜!
ここまで長かった!マジで!

7/7 ブラジル人ストライカー
17億で、スペインのムルシアとの契約にサインした。
ちょっと安かったのだが、ここが現金が一番多いクラブだった。

現金には、勝てねぇ〜〜〜。
7/8 新ブラジル人ストライカー
毎日ニュースだ。
ブラジルのクルセイロから、輸入した。
先のムルシアに行ったストライカーには、残念ながらちょっと劣るが、
同レベルの能力と、超えるかもしれない才能を秘めた20歳のストライカーです。
ヘディングが強い。

ちなみに、ブラジルのユース代表で8試合8ゴール。
さらに、Under20代表でもキャプテンやってます。
なので、来年には、もうこのチームには居ないかもしれない選手だ。
(そしたら、また高値で売って発掘すれば良い・・・。)
ただ、フィジカル、頭脳がイマイチなので、ブラジル代表に呼ばれる可能性は無い。

15億で獲得したのだが、過去最高額更新したらしい。



2009/05/19更新
7/12 タイトルオッズでました。
開幕は、8月末なので、まだまだ先だが、
現時点での、優勝候補は、AEKと、パナシナイコスで、ともに3倍とのこと。
そこから、大きく溝を開けて、Arisが6倍
次は、10倍以上のオッズになってます。

楽勝だなこりゃ。

7/21 予想外だ!チェコ代表監督に就任!
すごいよ!
たぶん、フットボールマネージャをはじめてから、最高ランクの代表監督です!!
メキシコとか、ナイジェリアとかもあるけど、
格式でいうと、きっと、チェコは最高ランクだ。

すばらしく良い選手揃ってます。
スイスよりぜんぜん強い。
EURO予選、ワールドカップ予選と、非常に楽しめそうです。

試合は9月まで無いので、しばらくほっぽっとくけどネ

EURO予選の相手は、このようになってます!

なかなか手強いぞ!
7/22 元ポリテニカの選手獲得!
サヴィッチというセルビア人センターバックを獲得しました。
24歳と若いセンターバックです。
ギリシャ語できないけど、セルビア語とルーマニア語できます。
契約拒否して、月契約してたので獲得した。
サヴィッチが抜けて、あかなな監督時代からポリテニカに残っている選手は、
フォワードのドリネルだけになった。
あとのみんなはどこにいったんじゃろうか・・・

まー、カタカナ振ってあるから、引退さえしてなければ検索してすぐ見つかるケドね。
7/28 なんだコリャ!!

滅多に出てこないといわれている、Jリーグが!!
しかも二つ!!

広島は、灰色選手ばかりだったが、京都は11人も存在していて、ブラジル選手が2人もいた。
京都パープルサンガに決定だなコリャ!

ウィザードリで、ムラマサ・ブレードを発見したかのような気分だぜぇ!!
(↑この気持ちが、わかる人いたら、ぜひご連絡をw)



年間1億も払うらしいが、こりゃビックマーケットだ!
長くやりたいな〜〜、AEK。

7/28 ということで、

サンガと提携しました。
Jリーグは、まったく関与できない世界だが、
リーグ戦は一応行われているらしい。
でも、サンガの情報は、スタッフはもちろん、スタジアムも歴史もまったくデータなし。
存在するのは選手のみ。

でも、ジャパン・マネーの影響力は健在だ。

毎年日本に遠征せにゃならんのがダルイが・・・。
7/30 サンガからの最初の連絡
サンガの31歳のフォワードに、神戸からオファーがあったらしい。
ほしかったら同額でどうぞ。とのこと。


いらんがな。

ところで、期限付き移籍で、こっちから選手を武者修行に出してやりたいのだが、
移籍期間も設定されていないサンガに、出せる日は来るのか?
表面に出ていないだけで、Jリーグのレギュレーションも実は存在しているのかどうかを探るいい機会か。
8/1 開幕はまだ先だが・・・
フォワードが故障しまくっとる・・

新加入の、ブラジル人ストライカー、リベイロしかのこっとらん。
親善試合でのケガなので、激しいチェックをうけての故障がほとんどだが、

ちなみに、リベイロ。
キレまくってます。
開幕が、超楽しみ
8/30 んで、あっというまに、明日開幕
とりあえず選手表です。
この1.5倍くらいいたのだが、ダイエットに成功し、管理できそうなギリギリの人数に削減した。

削減したつっても、強制的な解雇はまったくおらず、
レンタルとか、移籍とか、3人まで出場できるらしいUnder20にOverAgeとして登録しときました。

詳しくは明日。



リベイロの得点能力、ハンパじゃねぇ。
やっぱ、能力は見た目じゃない。
バランスだ。

移籍予算。
減らずに10億ちょっと増えて、33億なった。
ここまで黒字も珍しいが、それだけチーム力がダウンしているともいえる。
結局、フォワードと中盤のブラジル人が2人抜けた。
まぁ、諍いの渦中の中心だった2人でもあるし・・・
(能力はズバ抜けていたんだが・・・)
■ 注目選手PickUp!
■パトロニス
ギリシャ代表でセカンドキーパーやってる選手です。
昨シーズンは、同国リーグのArisに所属していて、チームを3位に導きました。
AEKに就任して、最初にArisのチーム表を見たとき、
うわぁ〜〜〜、こんなキーパーいんのかよ・・・きつぅ〜〜
と、思った選手なのですが、まさか8億5000万で獲得できるとは思わなかった。
昨シーズンのAEKは、まずゴールキーパーが穴だった。
ゴールキーパーの補強はむずかしい。
カイザースラウテルンでは、言葉のわからないフィンランド代表GKを獲得したわけだが、
1シーズンで実力通りの結果だったとは到底思えない内容でした。
なわけで、どうしてもギリシャ語ぺらぺらの守護神がほしかったわけで、
そこへきて、昨シーズン最優秀のGKを補強できたのは、非常に大きな収穫です。


■サヴィッチ
ポリテニカで最後のシーズンに獲得した若手センターバックです。
当時は、ハタチでこんな能力でした。 満遍なく成長してます。ただ、ギリシャ語できません。
半年以内でマスターしてほしいところだ。
親善試合の内容は非常に良かったです。
下位チーム相手の試合では、積極的に起用していきたい。


■ギャレアオ
新加入のフランス人センターハーフです。
見た目の能力結構しょぼいが、合流直後の親善試合からかなり目立ちまくりな選手。
とにかくうまい。よく動く。初顔合わせの選手間でもパスもしっかりつながる。
スカウト推薦の選手だったので獲得したのが、かなりいい選手だ。
他の既存連中も含めた中盤は、みんな似たような感じで目立たないのだが、
このギャレアオは、とても活力旺盛なダイナモセンターハーフです。
「当たり」だな。


■リベイロ
超目玉フォワードです。
親善試合ではすさまじかった。3試合で、5得点2アシスト。
新加入でこれだけやってくれるフォワードはそうはいない。
もちろん、既存選手も含め、他の選手とのパスはいまいち噛み合わない。
それでも、自力で打開して得点してしまう。
それがリベイロという選手のようです。
もっとも、強いチーム相手では、いまのようなムリクリシュートは通用しないと思うが。



つづく



- By FMnote -